数秘術で見る!恋人にするならどの数秘?【全部がサラッとわかる】

数秘術

恋愛や恋人の相談はいつの時代も悩みの種で、人間が「常に誰かを求めている」ということに気づかされます。

いろいろな占いであなたもきっと「恋人がほしいんです」とか「恋人にするならどんな人があってますか」と聞いたことがあるかもしれません。

今回はあなたの数秘と合いそうな数秘をピックアップして、その理由を解説してみます。

*あくまで「こんな感じがいいかも」ということなので、合ってない、載ってないからダメということではありません。エンタメ的にお願いします

それではいってみましょう!

数秘1の人「受け入れてくれる数秘9」

合いそうな数秘:数秘9

数秘1の良いところは決めたら行動できるところです。決めるまで悩みますが、行動しだしたら真っすぐ。そんな迷いも行動も母性のように見守ってくれるのは数秘9の人。

数秘2の人「何となく察してくれる数秘7」

合いそうな数秘:数秘7

数秘2の良いところは気づいたら黙々とサポートできることです。ただ、黙々とやるので、その労力をわかってもらえないと「嫌」になります。そこを何となく察してくれる能力が高いのが数秘7の人。

数秘3の人「出来ない部分をちゃんとしてくれる数秘6」

合いそうな数秘:数秘6

数秘3の人の良いところは細かいことを気にしない部分です。シンプル!簡単!わかりやすい!じゃないと人生が楽しくありません。しかし、それではなかなか家庭や社会では生きていくのが難しい。そこを補ってくれるのは、細やかな数秘6の人。

数秘4の人「それもいいよねと言ってくれる数秘9」

合いそうな数秘:数秘9

数秘4の人の良いところは現実的に見てよいと判断し行動する部分。どう考えてもこれだろという根拠もあったりするので、それを「いいね」と言ってくれる数秘9はおススメ。

数秘5の人「自由さをOKにしてくれる数秘5か数秘9」

合いそうな数秘:数秘5または数秘9

数秘5の人の良いところは縛られたくないという自由性です。足取り軽く、どんどん行けちゃうそんな行動力。それをOKにしてくれるのは、同じ数秘5の人か、見守ってくれる数秘9の人。

数秘6の人「わかってくれる数秘7」

合いそうな数秘:数秘7

数秘6の人の良いところは「尽力する」ことです。相手のためにできることをしようとします。しかしそれが伝わらないと「ムッ」となるのも数秘6の特徴。そんな気持ちを察してくれるのは数秘7の人。

数秘7の人「一人の時間を許してくれる数秘6または7」

合いそうな数秘:数秘6、数秘7

数秘7の人は一人の時間がとても大切です。ずっと一緒よりも時々一緒のほうが自分が保てたりします。そんな一人の時間をわかってくれるのは、今はそっとしておいたほうがいいかもと緩く距離を取れる数秘6、または同じような感性の数秘7

数秘8の人「現実感が伝わる数秘4や8、または理解を示す数秘9」

合いそうな数秘:数秘4や8または9

数秘8の人の良いところは超が付くほど現実的な部分。いざというときは本能的にこれ!と決断します。そのリアリティを共有できるのは同じ数秘8や感覚が似ている数秘4の人。また、理解を示してくれる数秘9もいいかもしれません。

数秘9の人「うんうんと言ってくれる数秘6または11」

合いそうな数秘:数秘6または11

数秘9の人の良いところは陰ながら応援できる後方支援能力。何とかしてあげたいという想いが伝わる人が最適。尽力数秘の6や直感的にわかる11はおススメかも。

数秘11の人「感じすぎる感覚に大丈夫と言ってくれる数秘6または9、11」

合いそうな数秘:数秘6、9、11

数秘11の人の良いところは感覚の鋭さです。相手の心のうちを読めてしまう、直感的に何かを感じてしまう、その感覚の鋭さで「不安感」を持ちやすいことがあります。そんな不安を大丈夫と言ってくれる数秘6、9、11の人がいいです。

数秘22の人「ともに作れる数秘4または6、9」

合いそうな数秘:数秘4、6、9

数秘22の人の良いところは何でもやれるという自信。とりあえずやってみて考えようかという行動力。しかし一方で抱え込みやすい部分もあります。役割を分担してともに作っていける数秘4や6、9の人はいいでしょう。

まとめ

実際セッションに来てくれた人の恋愛関係、夫婦関係で思い出す数秘同士を書いてみました。こう見てみると比較的モテモテな数秘は9なんですね。

数秘は1から始まり、数秘9でとりあえずの旅を終えます。数秘9の人は経験値が高いのか、いろいろな人、もの、ことを許容できることが多いのでモテるのかな。

それ以外の数秘がモテない!!というわけではないですよ!みんないいところがあってかっこいいし、可愛いです。

数秘はその人の個性を示します。あなたにない部分やあなたが大切にしている部分で引き合えるといいですね。

どんな人がいいのかなと悩む人は、ぜひ参考にして恋活、婚活してみてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました