数秘で見る!人間関係がよくなる言葉編

心理学

数秘術や占星術などの個性を出してくれる占いは、「相手がどんな人なのか」「何を求めやすいのか」「どんなところが得意で」「どんなところが苦手なのか」を知ることができます。

勿論、それは自分のことも同じです。

数秘術を知ることで、人間が生きていくうえで欠かせない「コミュニケーション」が円滑になります。それは、「相手を変えない」という姿勢で生きていけるようになるからです。

今回は、数秘別にみた人間関係が良くなる言葉をピックアップしてみます。

数秘1の人に言ってあげたい言葉

「よく頑張ってるよね!すごい」

周りを意識しているときはなかなか人は動き出せないときがあります。特に1が決めて動き出したときは、「決意」にも似た感情があったりします。ぜひその部分を褒めてあげてください。

数秘2の人に言ってあげたい言葉

「~って思うんだね、確かにそう思うよね」

なかなか言い出せない2は常にどこか溜め込んでいる感情があります。話を聞くときは「傾聴」「共感」があると安心して話してくれます。~の部分は2の人が言った言葉を反復して。

数秘3の人に言ってあげたい言葉

「良いんだよ」

「しっかりやったほうがいいんだろうな」と感じつつも、どうしても耐え難い気持ちになるときも多く、無理して合わせていたり、しっかりやろうとしていることがあります。大丈夫という許可をしてあげると本領発揮できることがあります。

数秘4の人に言ってあげたい言葉

「なるほど!それはすごいね」

パブリックな場面ほど一生懸命さが出てくる仕事人4。常に動いて常に積み重ねているので、その努力を認めてあげてください。

数秘5の人に言ってあげたい言葉

「さすが」

自己表現の数字5は常に自分を意識しています。上手い下手関係なく、彼らの発する独創性は「みんな違っていい」を表しているようにも感じます。その独創性を褒めてみて。

数秘6の人に言ってあげたい言葉

「一緒に」

常に相手を意識している6の人には「ともに」「一緒に」というキーワードが大切。何かするときは「一緒にしようか」と声をかけてみて。

数秘7の人に言ってあげたい言葉

「大丈夫」

さみしがりの一人好きな数秘7の人は、人間に対するクールさをどこか持っています。「大丈夫」という言葉は彼らの本当に求めている安心感に繋がります。

数秘8の人に言ってあげたい言葉

「やっぱりすごいな」

現実的で先見性のある8の人は、その判断力と行動力が自然とできてしまうという利点があります。本人は気が付いていないかもしれません。すでにもう出来上がって積み上げている現実的な行動を評価してあげて。

数秘9の人に言ってあげたい言葉

「そうだよね」

尽力するのがデフォルトの9の人は「自分の努力や行動が誰かのためになっているのだろうか」という不安感を持ちます。「そうだよね」という共感はその不安を和らげる力があります。

数秘11の人に言ってあげたい言葉

「大丈夫、できる」

本当は自尊心も強く、言霊エネルギーも強い11は、繊細さから不安感に駆られ本領発揮できないことが多々あります。影響力も大きい人は外部からの影響も受けやすいということです。「大丈夫」「できるよ」という言葉は11の持つ本質的な部分を目覚めさせる言葉です

 

数秘22の人に言ってあげたい言葉

「任せて大丈夫!」

自分でやったほうが早くできる22の敏速さ。ただ抱え込んでしまう傾向があります。一方で常に任せて次に行きたい気持ちもちらほら。私に任せていいよという言葉は彼らの現実化の速度を速める言葉。

 

まとめ

今回は数秘別に言ってあげると良い言葉をご紹介しました。

みんなできることとできないことがそれぞれある、それを教えてくれるのも数秘の良いところです。彼氏や彼女、夫や妻、仲間、友達、上司、部下などあなたの人間関係の中で、「落ち込んでいる」「へこんでいる」人がいるようだったら、こんな言葉を言ってあげると元気になり、感謝され、人間関係がどんどん円滑になっていきます。

 

タイトルとURLをコピーしました