【数秘術のメッセージ】数秘6から学ぶ人間関係を上手に育む2つのポイント

数秘術

私たちが地球上で生きていくときに、切っても切り離せないものが人間関係です。

そして私たちの多くの悩みがその人間関係のことです。

 

どうしたら気持ちをわかってもらえるんだろう
伝えるときに相手の反応が気になる
言いたいことがうまく伝えられない

 

と感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

数秘6が持つ

自分の気持ちを上手に表現できる
相手の気持ちも害さない

そんな方法をひも解いていきます。

【数秘術のメッセージ】数秘6から学ぶ人間関係を上手に育む2つのポイント

結論は簡単で

 

自分を大切にする
相手も大切に接する

 

ということです。

 

数秘6は大多数を相手にするよりも、自分と誰か、マンツーマンを好みます。

 

マンツーマンを好む理由は

 

寄り添う

 

という数秘6の特徴を活かせるからです。

 

相手に全て寄り添ってしまうわけではなく、自分も大切にしているところが数秘6の面白いところです。

自己犠牲になってしまう人もみかけますが、やはり誰よりも自分が大切というのは人間すべてにおいて共通なことではないでしょうか。

 

【数秘術メッセージ数秘6】自分を大切にする

【数秘術のメッセージ】数秘6から学ぶ人間関係を上手に育む2つのポイント

 

美意識が高い数秘6は
自分に向けられる

視線や意識、言葉や行動

に敏感です。

 

だからこそ自分の言動や行動、身なりを気にかけています。

 

他者を気にすることは決して悪いことではありません。

 

結果

自分の外見に努力出来たり
言動行動がスマートになったり

します。

 

しかし気にしすぎると

全く言えない、表現できない、行動できない

となってしまいます。

 

偏ってしまうことに注意しながら

自分を見てくれている意識

を大切すれば

 

自分磨きになり
自信もつき
自分の想いを優しく表現できる

 

ようになります。

 

【数秘術メッセージ数秘6】相手も大切にする

【数秘術のメッセージ】数秘6から学ぶ人間関係を上手に育む2つのポイント

 

自分のことをわかってほしいとき、あなたはどうしますか?

わかって!と真っすぐ伝える人もいるでしょうし、醸し出す人もいるかもしれません。

 

数秘6は自分のことをわかってほしいとき

相手に尽くそう

とします。

 

まず相手のことをわかってあげられれば
自分のこともわかろうとしてくれる

と本能的にわかっているからです。

 

大切なことは

 

わかってあげるからわかって

 

という条件にするのではなく

 

 

人はみな

 

 

理解してもらえると理解したくなる

 

 

という心の仕組みです。

 

 

【数秘術メッセージ数秘6】相手を大切にする方法とは

想ってほしいときは相手をわかってあげる

ことです。

 

自分がしてほしいときは、まず自分からする
自分が言ってほしいことは、まず自分から言う
優しくしてほしかったら優しくする
褒めてほしかったら褒める

 

まとめ

数秘6から学ぶ人間関係を上手に育む2つのポイントをまとめてきました。

自分を大切にする
相手も大切に接する

相手を大切にすることは、結果、自分を大切にしてもらえることに繋がっています。

自分がしてほしい、聴いてほしい、いってほしい、やってほしいことはまず自分から相手にすることが大切ですと数秘6は伝えているのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました