【数秘術でみる12月】あなたのしたいことを知るための方法

数秘術

12月になりました

早いもので2020年も残り1か月

年頭から激動の1年の幕開けになった2020年
あなたはどんな1年を過ごしてきましたか?

 

【数秘術で見る2020年年運】終止符からのリスタート

【数秘術で見る2020年年運】終止符からのリスタート
数秘術は占いの中で生年月日や名前から導き出される数字で個人特性や運気、運勢を見てアドバイスしていくものです。また、世界全体や社会全体、もっと言えば地球規模、宇宙規模の流れを占うこともできます。 2020年、あなたは叶えたい夢や...

 

【数秘術でみる11月】あなたらしさは相手から学ぶ

【数秘術でみる11月】あなたらしさは相手から学ぶ
*「ながら聴きできる」声の配信Podcastは経験談などを交えて記事の内容解説をしています。 11月に入りました 2020年も残り2か月 あっという間ですね 2020年はこんなテーマの1年です ...

 

2020年12月のテーマを
数秘で見てみると

自分自身、自己探求
自分の身体に注意

というメッセージが隠されています

世界も社会も仲間も家族も
大きく変化する12月

私たちはどのように

自分の中の気持ち

に気づいていけばいいのでしょうか

【数秘術でみる12月】あなたのしたいことを知る方法

私は何をしたいんだろう

誰かの話を聞いて

ああ、この人はこうしたいんだろうな

とわかるのに

 

自分のことになるとわかりにくくなるのは
きっとあなただけではありません

 

私はどうしたいんだろう
私は何をしたいんだろう
私は何を求めているんだろう

多くの人がこの疑問の答えを探しています

 

そしてなかなか見つけられないまま
毎日の生活に戻っていくのです

 

なぜ私は私のことがわからないのか

答えは簡単で
地球そのものが

自分を感じる

という目的で来ているからです

 

簡単にわかってしまったら
何も楽しくない人生になってしまいます

 

誰か何かを通じて

私はこうなんだを体験し感じる

 

だからこそ
私たちは自分のことになると
何だかわかりにくいようになっています

 

そして非常に大切なことは

他者との関係

の中でしか自分が求めていることに気づけない

ようになっていることです

 

あなたの周りはあなたへのメッセンジャー

最近あなたはどんなことを言われましたか?

 

言われた内容を思い出すと

~すればいいのに
~だといいよね

などの提案もあれば

~はあなたのいいところだよ

と直球で褒めてもらえたかもしれません

 

それをあなたはどうしましたか?

周りはメッセンジャーなので

あなたが体験したいことを知っています

あなたの生きる方向

を教えてくれているのです

 

来たものは受け入れる

私たちは過去、体験したことしか
安心して受け入れることはできません

未知のものは誰でも怖くなります

 

だからこそ

誰かに

~してみたら?
~になってみたら?

という未知の提案は
何とも受け入れがたい

 

しかし

そもそも体験したことのないことを
体験したくてここにいるので

 

未知の提案は受け入れる

と決めてしまうと楽です

まとめ

鳥たちは飛び立つときに
まず向かい風に向かい飛びます

そしてその後すぐに
追い風に乗るように方向を変えます

 

自然に生きる動物たちは

自分がどうしたら風に乗れるのか

もう既に知っているのです

 

頭で考え、答えを出そうとする人間は

残念ながら追い風に乗る方法さえ忘れてしまったようです

 

あなたが

何をしたいのかを知る

ためには

周りはメッセンジャーだと思ってみること
言ってくれたこと、向こうからやってきたものは無抵抗で受け入れること
そして実行してみてから考えること

です

 

上手くいくかもしれないし
そうじゃないかもしれません

 

しかしそれはあまり重要ではなく

上手くいった、いかなかったという体験を通じて

どんな気持ちになったのか

を知ることのほうが遥かに大切です

 

なぜなら

その気持ちの体験のために生きているから

なのです

 

これを繰り返しやっていくことで

人生は開花していきます

自分をどんどんと知ることができる

 

嬉しかった、楽しかった
寂しい、悲しい
こうしたい、ああしたい
あれがいい、これがいい
これがほしい、あれはいらない

そんな巻き起こる感情のエンターテインメントを

私たちは体験できるようになっています

 

今回も読んでくれてありがとう
2020年最後の月が
あなたにとって素晴らしい体験になりますように

 

 

タイトルとURLをコピーしました