【数秘術で見る!2020年4月】豊かさって何だっけ?【月運】

数秘術

数秘8のフラワーオブライフエネルギーアート

が完成してポストカードの販売が開始になりました。

無限大に続くエネルギー循環

溢れていく喜びをイメージしました。

 

早いものでもう4月。

3月は数秘術で見ると
あなたは何を求めていますか?
という内観の月でした。

 

【数秘術で見る!2020年3月】あなたは何を求めていますか【月運】

 

4月を数秘術で見てみると
「8」と「4」という数字。

 

双方とも割り切れる数字で

数秘術では

現実的、実行力
物質的、結果

特に8の場合

豊かさ、成功、拡大

という意味を持ちます。

 

この時代の流れや
今の出来事も踏まえて

2020年4月のテーマは

豊かさってなんだっけ?

と私たちが重要なことに気づく時期
が来ている気がしています。

 

今回は豊かさにフォーカスし
私たちがこれから見ていくべき方向を
まとめてみたいと思います。

【数秘術で見る!2020年4月】豊かさって何だっけ?【月運】

【数秘術で見る!2020年4月月運】豊かさとは

【数秘術で見る!2020年4月】豊かさって何だっけ?【月運】

あなたにとって豊かだと
感じるときはどんなときでしょうか?

 

好きなものがたくさんあって
それを持っているときだったり
お金がたんまりあることだったり

中には

家族や仲間と楽しく過ごせたとき
好きなことが思う存分できたとき

という方もいるかもしれませんね。

 

どちらがいい悪いという話ではなく

あなたが今感じる
あなたの中の豊かさ

をもう一度確認しておくことが大切です。

 

【数秘術で見る!2020年4月月運】今までの豊かさ

【数秘術で見る!2020年4月】豊かさって何だっけ?【月運】

私たちは今まで

モノがたくさんある
お金持ちである
いい場所に住んでいる
いい服を着ている
いい車に乗っている

といった

物質的な豊かさ

を重要視してきました。

 

戦後あらゆるものがなかった日本。

そこから私たちは
素晴らしい富の世界を創り出しました。

 

そのおかげで
いつでもどこでも
同じものが買えるようになり
四季に関係なく食べ物があり
お金があれば大体何とかなる
そんな社会になりました。

便利ですよね。
これは人間が生み出した
素晴らしい文明のおかげです。

 

しかし一方で

 

溢れてしまう服、食べ物
修理しなくても買い替えればよいもの
が増えてしまい

 

余ってるからゴミにする
壊れても直さない
という文化になりました。

 

モノを大切にしていない
というデメリットもありますが

 

モノがあふれるほど豊かになったことで
私たちは

モノ自体には価値がない

と気づく局面になってきたのです。

【数秘術で見る!2020年4月月運】これからの豊かさ

【数秘術で見る!2020年4月】豊かさって何だっけ?【月運】

モノ自体には価値がない

じゃぁ一体
何に価値があるのでしょうか?

 

それは

見えないもの=想い、心

です。

豊かという漢字の成り立ちは
どうやら象形文字からきていて
作物が生い茂っている様子
が豊かという漢字になったそうです。

もしかしたら

たくさんの農作物が実り
今年もご飯が食べられるね
来年もこうなるといいね

という想いが
そこにはあったのかもしれません。

 

あなたが満たされるときって
どんなときでしょうか?

 

 

一人でご飯を食べるときでしょうか
高価なものを身につけて鏡の前に立った自分を見たときでしょうか
毎日お金を稼ぐために働き続けお給料を手にしたときでしょうか
〇〇部長、〇〇社長という肩書になったときでしょうか

 

よく想像してみて。

 

これらを手に入れても

すごいねー!頑張ったよね!と言ってくれる人
一緒に過ごしてくれる人

がいないと満たされないはずです。

 

そこに私たちの真の豊かさがあります。

 

本当の豊かさとは

見えないもの=想い、心

だと気づく時期です。

 

【数秘術で見る!2020年4月月運】私たちに求められていること

【数秘術で見る!2020年4月】豊かさって何だっけ?【月運】

私たちが今、求められていることは

見えないものが豊かさの源だと気づくこと
モノ自体に価値はないこと
モノを共有してこそ喜びだと気づくこと

です。

 

誰かと過ごす時間
一緒に体験する時間
共有共感する時間

心が満たされる瞬間
が本当は豊かさだったんだ
と気づく時期なのです。

 

モノやお金の多さ
高いステータス
人への影響力

といったものは
あなただけでは成り立たず

その向こう側には
必ず誰かがいます。

 

誰かがいてくれるおかげで
あなたは際立って見えるだけです。

 

誰かのことを大切に思えなかったら
きっと人は離れてしまうでしょう。

離れた時にあなたの豊かさは
は消えてなくなります。

あなたが持っているモノ
あなたができること

を他の誰かに差し出してください。

与えあってこそ
豊かさがとめどなく溢れて

豊かさ-喜びの無限ループ

に入っていきます。

まとめ

今回は数秘術で見た4月の月運

豊かさってなんだっけ?

でした。

 

豊かさはモノの数や見た目ではないこと
家族や仲間、他の誰かがいることで豊かだと思えていたこと
家族や仲間とモノや場所、時間、想いを共有すること

で豊かさの「質」を上げていく時期です。

 

与えあうことでしか

私たちは本当の豊かさ喜びを感じられません。

 

4月は

積極的に与えていく

そんな時期になっています。

今回も読んでくれて
ありがとうー!

ここからの旅が
あなたにとって
穏やかで楽しさに溢れるもので
ありますように。

ひろひろでした。

タイトルとURLをコピーしました