天秤座新月「私は○○な人と生きていきます」

心理学

天秤座新月「私は○○な人と生きていきます」

秋の天空図は天秤座新月。ここから先に進むための大切なキーワードメッセージを伝えています。ここ数日間、あなたは「え、それ違うじゃん」「わぁ、それないわ」という体験や「そうそうそうそう!!」と心が踊るような体験、それぞれの体験をしたのではないでしょうか。

 

ズルズル関係に嫌気がさす

「ん?」と思った出来事からおよそ半年。あなたはその違和感のような疑問に蓋をしながらも「気のせいでしょ」「まぁそんなことないんじゃない」と生きてきたのかもしれません。

 

しかし日が経つにつれてどんどんとその「違和感」は現実化し、次々とその「違和感」を体感する出来事を経験したり、話を聴いたりしたのだと思います。

 

そしてこの時期、「もういやだわ」「だってぜんぜん違うんだもの」という気持ちに駆られているかもしれません。

 

あなたはどんな人と一緒にこれから歩いていきたいですか

 

「嫌」の反対側には「好き」があります。あなたが「好き」と思える人は誰ですか?

 

どんなところが魅力的で、惹きつけられていますか?

 

仕事にせよ、プライベートにせよ、あなたの根底にあるものが「こんな人と一緒にいたい」「こういう人と過ごしたい」と声を上げているのだと思います。

 

次に繋がる、繋げる

今日の新月の分岐点で次に繋がっていく人たちが待っています。あなたがこうありたいと思ったそのままの人たちが続々とこの道の先に集まってきています。

 

今まであなたが経験したこと、そこから学べたこと、気づけたこと。それを次の場所で活かす時が来ているようです。あなたの話を待っている人がいます。貴重な体験、経験を共有して、次のステージを作る時です。

 

あなたの人生で成せなかったことだけでなく、過去のルーツも含め、成したかったけれど成せなかったことを今、成すべき時が来ています。

 

今、求められていること、あなたに「~してほしいんだ」「~できる?」とよく聞かれるものはあなたの「仕事」なのだと思います。求めに応じて、助けること。あなたの差し伸べた手の温かさは、相手の「こころ」に響きます。

 

助けてもらった人はまた誰かを助けられる人になります。そうして、助け合う社会=調和の社会が再構成されていく時期の始まりです。

タイトルとURLをコピーしました