うつになってみてわかったこと~自分を大切にしていなかったというお話

心理学
スポンサーリンク

うつになってみてわかったこと 自分を大切にしていなかったというお話

以前から少しだけ書いています。

https://www.hiroki-matsui.com/archives/2084

振り返るといろんなことが思い出されるんだけれど、今回は「自分を大切にしていない自分」というお話。

ハードワークからわかること

病院に勤務し始めて、帰宅するのは23:00とか普通だった。

そのハードワークが良いとか悪いとかの話ではなく。

「やらなければならない!」

というような強迫的な気持ちがあったこと。

 

今思い返してみても、やりたくてやっていたことだったのは事実。

でもそこには気づけなかった気持ちがあった。

 

「他者と比較して」
「自分が優れていると思ってもらいたい」
「認めてもらいたい」

その気持ち。

そう思うこと自体が悪いわけじゃないよ。

 

そこから自分を

「ダメ人間だ」と

暗黙に叱りつけて働かせていること

が大きな問題。

 

認めてもらえないと価値がない

今でも「恐怖感」として出てしまうこともあるくらい根深い。

うつ歴10年、そこから完全復帰して4年。

今でも

・~といったら怒られるんじゃないか
・~をしたら嫌われるんじゃないか
・~だったら仲間外れにされるんじゃないか

そんな気持ちがふつふつと沸きあがる。

それがこの

「認められないと価値がない・見放される恐怖心」。

 

じゃ今からどうしたらいいの?

意識することなんだと思うんだ。

自分にはそういうところがあるって。

怖がっている自分が意識出来たら、

「本当はどうしたい?」

と自分に聴くことだ。

その本当を、今の自分が実現して「あげる」しかない。

 

あと

「自分の近くに、恐怖を与える人、もの、ことを置かない。避ける。」
「自分を大切にしてくれている人だけにする」

この選択。

心地よくいるための「断捨離」をまずする。

自分が心地よく、安心できる環境にしてあげる。

 

長年自分にダメ出ししてきた人は、自分を大切することがわからない。
だから意識してやるしかない。自分のために。

 

自分の真ん中に「忠実」でいることから始めよう。

そこから全ての選択を「自分軸」で決めていこう。

それでいい、もうとことん頑張ってきたんだろうから。


タイトルとURLをコピーしました