自分軸で生きられない人は優先順位を決めてみるというお話

心理学
スポンサーリンク

自分軸で生きられない人は優先順位を決めてみるというお話

僕たちは日々「何か」をしています。

自分のこと以外に

家事や育児、ライスワークのための仕事。

急な連絡対応や最近ではSNSをぼーっと見てしまう時間。

自分の時間は有限です。これはみな平等に有限。

 

それを奪われない、自分のために時間を使う

自分軸で生きるためには

「自分が大切にしている優先順位」

を自分自身が守ることから始まります。

 

あなたの優先順位は何?

家族やパートナーシップ
仕事
お金
信仰や哲学
人間関係
健康
考える・学ぶ

僕たちが生きる中で大体は

このいくつかの中で優先順位を決めています。

あなたが大切だと思っているものは何でしょうか。

昨日、自分が一番時間を割いているものは

きっとそれになっているはずです。

 

優先順位通りに優先する

優先順位が違っていたら

思い通りの優先順位にして時間を使うこと。

そこから自分優先が始められます。

 

決めたらその優先順位を必ず守る。

自分のために守ってあげる。

 

そうすることで

自分のしたいことはどんどん実行できます。

自分のために時間を使うということです。

 

自分優先ができると時間を奪われない、奪わない

自分優先が出来上がってくると

他者やモノ、事から時間を奪われなくなります

同時に

他者やモノ、事の時間を奪うこともなくなります

 

時間を奪っている人は

大体が優先順位がぐちゃぐちゃで

奪っているという自覚もなければ

奪われているという自覚もないことがほとんどです。

 

自分軸で生きるための1つの方法。

時間を奪われない、奪わない。

まずは自分の優先順位を決めて

自分のために時間を使うようにしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました