どれだけ幸せの種を探せるかゲームをしているんだ

心理学

どれだけ幸せの種を探せるかゲームをしているんだ

こんな視点が持てたら

毎日が異常なほどにハッピーになれる。

今日はそんなお話です。

いつものような日常はいつもの視点だから

いつも同じだと感じていると

それに慣れてしまって

変わらないなぁ

おんなじだなぁ

つまらんなぁ

と思うでしょう。

それは

いつもと同じ

「自分の視点」

で毎日を眺めるから。

いつもと同じにしない方法

1つは

想像する

「こんな風に見えたらどうなるんだろう」

「こんなことだとしたらどうだろう」

この積み重ねが

実は違った視点を持つ

一番手っ取り早い方法だったりする。

 

2つ目は

違ったことをする

いつもと同じ道で行くから

いつもと同じだと思う。

いつもと同じ場所に行くから

いつもと同じ人と話すから

いつもと同じことを言うから

いつもと同じだと思ってしまう。

違うことをすれば

なんとなく

「どうなってるんだろ」

「この先は何があるんだろ」

と自然に違った視点になったりする。

 

見える世界が変わると価値観が変わる

見える世界が毎回同じだと

そういうものだ

と毎回思うようになっていく。

 

だから

見える世界を変えてみると

「おっと、実は違うんだ」

「こんなのもあるんだ」

と発見がたくさんある。

いつもと同じじゃない毎日。

 

実は「ありがとう」で

溢れている毎日。

 

いつもと毎日違うことがわかると

今日はどんな幸せがあるんだろう

と宝探しが始まります。

どれだけ幸せの種を探せるかゲーム。

そんな毎日を体験してみませんか。

 

タイトルとURLをコピーしました