うまくいかないときはやり方を見直すタイミング

心理学

うまくいかないときはやり方を見直すタイミング

「思っていたよりも進みにくい」

「なかなか軌道に乗らない」

そんなときは人生の中で幾度となくあります。

これは「見直してください」というサインです。

うまくいかないなと感じたら、見直すべきポイントがあります。

どうしたいですか

それをしてどうしたいのですか?という目標のようなものが見えにくくなっているとき、うまく進みにくくなります。

仕事であれば、その仕事をすることで何をしたいのですか?という問いかもしれません。

なぜ、それをしていますか?

どうしたいですか?と似ていますが、仕事を始めた時の想いをもう一度見直してみると、どこを目的にしていたのかわかるかもしれません。

初心忘れるべからず。

条件を解除してください

目標を達成するために、始めた時の想いを叶えるために、今できることをするだけなのですが、人は「お金」や「ステータス」「権威」など目に見えるものを意識すると、「このままやってしまったら、手に入らないかもしれない」という不安に駆られます。

そうすると知らないうちに「条件」をつけて「出し惜しみ」するようになります。

お金は入ってきて余裕ができたら使う、誘ってくれたら行く、応援してくれたから応援してあげるなどは全て条件です。

したいことに全力投球する

うまくいかないとき、この条件がストッパーになってしまっていて、進みにくくなっていることが多々あります。

目標とするもの、初心の想い、これに全力を尽くしていきましょう。

そうすると自然と前に進みだします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました